研究テーマ (構築中)

Design and Govern Your Information Spaces

情報空間をデザインし,統治する

shibuya_tokyo.jpg, picture from wikimedia commons

近年の情報技術の発展によって,情報を検索したり,自ら発信することは身近になりましたが,そのように入手・生成した大量の情報の管理は大変になる一方です. 本研究室では「情報空間にコントロールを導入する」という視点からアプローチし,データベース技術によって支援を行う「情報空間ガバナンスプロジェクト」を推進しています.情報空間ガバナンスとは,情報空間内での人や情報の関係をデザインし,その状態と流通を制御する事であり,我々は,特にそれを実現するためのソフトウェア技術を研究しています.
関連プロジェクト: The WISH Project, InfoSpace Governor Project

Highly Intelligent Team of People and Computers

人とコンピュータが協力する知的チームを作る

知的活動を行うコミュニティにおける情報空間を「チーム脳」と例えるならば,情報伝達のためのシナプスが切れていたり,活性化されていない部分があったり,間違った情報が伝達されているようでは,このチーム脳の能力を存分に発揮できません. したがって,情報の流通と状態をきちんとコントロールすることが,チームの知的生産性の向上には不可欠です. また,人間による知的活動と計算機による情報処理活動を共に考慮することが重要です. 現在は,特に研究室などの知的活動コミュニティを対象とし,構成員の情報生成活動,その過程で扱われるファイルやメール,Web コンテンツ等の状態や流通に関して,データベース技術を用いたアプローチを展開しています.
関連プロジェクト: InfoSpace Governor Project

Advanced Technologies for Web, XML, and DBs

Web・XML・データベースのための高度技術

Webデータ,XMLデータ,ドキュメントデータ等,あらゆるタイプの大量ディジタルデータを対象として,効率よく検索・発見・管理などを行うためのデータベースソフトウェア技術の研究を行っています.
関連プロジェクト: 多数

black

筑波大学 知的コミュニティ基盤研究センター
Last Updated: Jun 9, 2008